かしこい損得勘定のススメ

損得勘定の落とし穴?

「月に1回美容院に行く」と言うと、同性からは大抵驚かれます。

こんな感じで。

マメ(ショートなのに)だねぇ〜、偉いねぇ〜、でもお金かかるね。

確かにそうかもしれません。

しかしこれから、単純に「損得勘定はよろしくない」という話をしたいわけではありません。

もちろん、ヘアケアに関する話をするつもりもありません。

カットと、ベルジュバンスという弱酸性トリートメントもしてもらうので、それなりの金額(地元の商店街の美容院ですから都心のヘアサロンに比べれば安いでしょうし、交通費もゼロですが)はします。

いっとき出費を抑えようと、通う頻度を1ヶ月半ごとにしてみたことがあります。

年12回の出費が8回に減って、まぁまぁの節約です。

だけど続きませんでした。

なぜなら私にとって、髪が伸びている状態はかなり大きなストレスで、生活のあらゆる場面に悪影響を及ぼすことがよく分かったからです。

「損して得取れ」ではありませんが、美容院代が浮くことより、ストレスでバイオリズムや仕事のパフォーマンスが下がるデメリットを回避することの方が、自分には遥かに重要で好都合だと、身をもって体験しました。

恐れに囚われた損得勘定は…

無料一斉遠隔波動調整には、毎回たくさんのお申し込み(ありがとうございます☆)を頂戴します。

手放したいもの、解放したいものを任意で明記していただくのですが、その中で非常に多いのが、やはりお金に関するブロックです。

恐れが大きい分、冷静に向き合うことが難しい問題ですよね。

目先の数字の羅列に、ど〜〜〜しても狼狽えてしまう。。。

でも恐れに囚われた狭い視野で損得勘定していると

得するつもりが損しちゃってた!

なんてことになりかねません。

人間の「幸せ」は生物と同じように有機的で、お金のほかにも心、体、仕事、遊び、家庭、夢、人づきあいなど、さまざまな要素が相互に影響し合いながら成り立っています。

他との関係性を無視して手っ取り早く目の前の問題だけに処置を施しても、生活の全体、人生の全体という大きな視点で診ないと「幸せ」として上手く機能しないことが多いのです。

人生の優先順位を明確に

ですから、自分が真に望むものを知っていること、自分の内側と繋がっていることが重要なのだと思います。

自分の人生の優先順位が明確であれば、社会との折り合いもつけやすくなります。

折り合いがつかないから、生きることが苦しいのです。

それに、己をきちんと把握し日頃から自分という個体の基礎の底上げをしておけば “ムダに” 凹まなくなりますし、凹んでもすぐに持ち直します。

「スムーズに凹めるようになる」とでも言いましょうか。

ただ、自分とは常に変化し続ける存在ですから、優先順位が生涯同じではないかもしれません。

違和感を覚えたら、変えてみればいい。

環境の大きな変化や一時的な感情の揺らぎで軸がブレてしまったら、また戻ってくればいい。

大切なのは、ブレたからって自分を責めないことです。

ブレたことで軸が以前より明確になる場合もありますし、そもそも試行錯誤しないと軸が見つかりません。

そのプロセス自体が人生なのですから、愉しんだ者勝ちだと思いますよ。

愉しみながら軸を磨いて、何が起こっても、どんな環境でも、ありのまま生きられる本当の自分になりたい!

そんな方には『波動調整本講座』がオススメです。

現在お申し込み受付中の、波動調整に関するイベント・講座等の一覧はこちら

シェアする

フォローする